新築祝いのお返しの相場とマナー

新築祝いに限らず何かのお祝いをいただいたときには、そのお返しもしっかりとしなければなりません。

もちろん全ての贈り物に対してお返しをする必要はありませんが、高額な贈り物を頂いた場合や郵送でお祝いの品を頂いた場合は、お返しのこともしっかりと考えます。

逆に友人などはお返しに気を使わせないように、あまり値の張らないプレゼントをしてくれることがあると思いますが、そういった場合は好意に甘え、次にその人のお祝いごとで同じようにプレゼントをしてあげてはいかがでしょうか。

結婚祝いや出産祝いなどでは頂いた金額分の半分から3分の1程度のものを品物でお返しするということが相場となっていますが、新築祝いのお返しでもこれらと同様の相場となっています。

新築祝いのお返しには、食器などの入れ物が良いとされているみたいですが、最近ではあまりこだわらず相手が本当に欲しいものを贈るようにするという方も増えているそうです。

相手に欲しいものを決めてもらうというカタログギフトなどはこのような理由で非常に人気の高いものとなっているようです。

しかし中にはこういったしきたりなどに非常に厳しい方もいらっしゃいますので、そういった方にはしっかりとしきたりに沿ったものを贈ることがマナーとなるでしょう。

お返しののしの書き方

新築祝いのお返しの品にのしを使用する場合は新築祝いと同様に、紅白の水引で蝶結びのもの、そして
表書きは「新築内祝」又は「内祝」とし宛先は世帯主の方にします。

なおその際に添えるメッセージの文例も以下にご紹介しておきますので、是非ご参考にしてください。


【内祝いの文例】

このたび我が家の新築に際しましては、ご丁重にお祝いを賜り誠にありがとうございました。
ささやかではございますが、お礼のしるしに心ばかりの品をお贈りさせていただきますのでご笑納くだされば嬉しく思います。
なお、お近くにお越しの際には、我が家に是非お立ち寄りくださることを心よりお待ち申し上げます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。



このページの先頭へ