これは引越し祝い?新築祝い?

引越し祝いと新築祝い。

一見全くの別物のようにも見えますが、一体どちらとして贈るべきか悩むこともあることも確かです。

引越し祝いのマナー、そして新築祝いのマナーなどに大きな違いはありませんが、のしの書き方や金額の相場というものは少し変わってきますので、こういったところははっきりさせておきたいところです。

そこでよく混合されやすい場面でのこれらお祝いの使い分けを見ていきましょう。


新築の家・マンションを購入した場合

この場合は新築祝いととして相手のお祝いをします。
マンションなどだと「新築」と言われてもぴんとこない人も多いみたいですが、たとえマンションでも新築の場合は新築祝いになります。
建売住宅を購入した場合も、その家が新築である場合は新築祝いとなります。

中古一戸建て・マンションを購入した場合

この場合は引越し祝いとなります。
新しく家を買った場合は全て新築祝いとなると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ときとして中古の物件を購入した人に対しては失礼になる恐れもありますので注意しましょう。

賃貸から賃貸への引越し

この場合は特にお祝いは必要なありません。
普段お世話になっているので気持ちを渡したいという方は、餞別という形で簡単なものをプレゼントすると良いでしょう。

転勤による引越し

この場合は引越し祝ではなく、栄転・昇進祝となります。


このように同じ引越しでもその状況によって、お祝いの名前は変わってきます。

お祝いはその気持ちさえしっかり伝われば良いものだとも思いますが、こういった正式なお祝いの方法を知っておいても決して損にはならないのではないでしょうか。



このページの先頭へ