新築祝いのマナーについて

新築祝いを贈るときの時期やタブーなどのマナーは意外と知らないことの方が多いのではないでしょうか。

マナーはあくまで相手の心を傷つけないためのものですので、あまりにマナーを気にしすぎて凝り固まってしまうのも良くないことだと思います。

しかしこれらのマナーを知っている人からすると、「あ。あいつはマナーをよく心得てるな。」などと無意識にもその人を判断する材料となってしまうときがあります。

新築祝いのマナーに関しては、お祝いをもらう側もあまりよく知らないことが多いのですが、何でも知らないよりは知っている方が良いでしょう。

是非ここで新築祝いのマナーに関して頭の隅にもでも入れてくれればと思います。

新築祝いを渡す時期

新築祝いは基本的に新築した家のお披露目をされたときに持参しそのときに渡すようにします。

場合によっては新築祝いを郵送することもあると思いますので、そういった場合は新築のお披露目に招待されている方はお披露目会の前日までに届くようにします。

お披露目に招待されずに新築祝いを郵送したいという方は、家が建ってからおよそ1ヶ月程度を目安にしてください。
なるべくそれよりは遅くならないようにします。

また新築祝いに贈る品物は火を連想させるものはタブーとされています。

ライターやコンロなどはもちろん、花を贈る際も赤色のものは控えたほうが良いでしょう。

しかしこれらは相手が欲しがった場合や赤色の花が好きだという場合は贈っても差し支えはないものですので、相手の意見を聞いて臨機応変に選ぶようにしてください。

それ以外にも新築祝いでは食器や家具などを贈る人も多くなっていますので、重複を避けるのはもちろん、贈る相手の趣味やセンスなども考慮に入れながら贈り物などは選ぶようにしましょう。



このページの先頭へ