還暦祝いのお返しは必要?

結婚祝いや出産祝いなどを頂いた場合は基本的に半返しと呼ばれる、頂いた贈り物の半額程度のものをお返しするということが決まりとなっていますが、還暦祝いなどの長寿祝いに関してはこのことは当てはまりません。

それでも家族の方以外に頂いた還暦祝いなどにはお返しをした方が良いのではないかと考えられることもあると思います。

そういった場合には例外として、ちょっとしたお返しの品などは贈った方が良いでしょう。

もちろんこれは全ての人に当てはまることではありませんが、目上の方から贈り物を頂いた場合などにはちょっと考える必要があるかもしれません。

しかし還暦祝いのお返しは原則必要ないということには間違いありません。

お返しをする場合のノシの書き方

還暦祝いのお返しをする場合、「のし」は白赤の蝶結びの水引きとし、表書きは「内祝」、「寿」もしくは「還暦内祝」とします。

お返しを返すのあれば、そのお祝いの日のうち、もしくは頂いてからあまり時間がたたないようなるべく早めに郵送などするようにします。

なお、その際に感謝のしるしとしてメッセージを同封するとより良いかもしれませんね。

【還暦内祝いメッセージの文例】

この度は過分なお心遣いをいただき、誠にありがたく厚くお礼申し上げます。
本来ならばご挨拶に伺うべきところ、同送の品にて内祝とさせていただきます。
ご笑納いただければ幸いです。
当方もこの還暦を良い機会とし、今後益々精進してゆく所存でございます。
簡単ではございますが、まずはお礼かたがたごあいさつ申し上げます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ