のしの書き方とマナー

開店祝いなどのお祝いの品を贈る際に、まさか品物や現金をそのまま手渡すという方もほとんどいないでしょうが、一般的にこういったお祝いなどには「のし」と呼ばれる紙などを包装紙のさらに上に貼り付けるようにします。

結婚式などに使用する祝儀袋や、弔事に使用する不祝儀袋などを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。

開店祝いの場合はまずは表書きとよばれる欄に「御開業祝い」「祝御開店」「御祝」のどれかを記すようにします。
百貨店などでお祝いを購入する場合などには、こういった表書きがすでに印刷されているもので包装してくれますので、それが一番簡単な方法と言えるかもしれません。

またそういった表書きが記されていない紙を利用する場合には、紅白・蝶結びの水引のものを利用し、その上の部分に上記の言葉を記すようにしましょう。

ちなみにこの紅白蝶結びの水引きは、蝶結びがなんども結び直せるといった意味から、何度あっても良いというお祝いに利用されています。

結婚祝いなどは何度もあっても困りますので、結びきりと呼ばれるものを使用するのですが、こういった知識は覚えておくと何かと便利かもしれませんね。

なお、品物だけでなく金銭を開店祝いとして贈る場合にもこの形式の祝儀袋を使用するのが一般的になっています。



サブコンテンツ

このページの先頭へ