贈り物にはメッセージを添えよう

開店と同時にどんっと送られてくる開店祝い。
もちろんそれらが誰によって送られてくるかというのは分かるのですが、さらに相手に喜んでもらうためにやはり一言でもメッセージは添えたいものです。

贈り物をもらったときにはよく分かるのですが、品物や現金はもちろんなのですがそれでもやはり嬉しいのは送ってくれた人の、温かい言葉だったりするんですよね。

場合によっては品物などよりも友人や知人からのお祝いの言葉やメッセージが何よりも嬉しいものだったりもします。

誰か他人に対してそういったお祝いの言葉やねぎらいの言葉。
もしくはおめでとうの一言もちょっと気恥ずかしくて言えないという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、その恥ずかしさに見合った喜びを相手に与えることができるものでもありますので、ちょっとだけ勇気を出して小さなカードなどにお祝いの気持ちなどを記してみましょう。

実際にそんな力がメッセージごときにあるの?

と考えている方も中にはいらっしゃるかもしれません。
しかしよくお店などに行くと、ある商品にちょっとしたメモなどが書かれている場合がありますよね。
例えば本屋などで、「久々にこれだけ感動する本に出会いました。日頃から読書が趣味の店員のイチオシの本です!」

特に興味がなかった本でも、そんな簡単なメッセージが書かれたメモで簡単にその考えはひっくり返されたりします。

もちろんこれは例としてふさわしくないものかもしれませんが、たとえ少ない文章でも人の気持ちを変化させる力は十分にあるということを証明しているものでもあります。

せっかく相手に喜んでもらうために送るお祝いですから、どうせだったらできる限り相手を喜ぶようにしてあげてはいかがでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

>