開店祝いを贈る時期

誰かが新しくお店を開店したり、また新しく事業を始める場合、できるだけその正確な日程を知る事がまずは大事になります。

というのも通常開店祝いではお店などを開店した当日、もしくは前日に贈ることが良いとされているのですが、これは「幸先が良い」という意味合いを含めてのことでそうなっているのですね。

幸先が良いということは最初から縁起が良いということになりますから、できるだけお店の開店当日にお祝いは贈ろうということでそういう風習のようなものになったのでしょう。

かといってお店などの場合、開店当日では色々と忙しい場合もありますので、逆に前日に贈った方が迷惑でない場合も当然あります。
また花や物でなく、金銭を贈り物として贈る場合などには、特に開店当日ということを気にする必要はない場合もあります。

またお店などのスペースによってはせっかく贈った花などがかえって邪魔になってしまうなんてこともありますので、もしそういった事態を避けたいのであれば、やはり事前に花を贈って良いかどうか、贈っても邪魔にならないかどうかを本人に聞くのが間違いないでしょう。

そうすることで贈り物のサプライズなどはなくなってしまいますが、一番確実に相手に喜ばれる方法であるとも言うことができるかもしれませんね。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

>