開店祝いといえばやっぱり花?

開店祝いというとやはり店頭にずらっと並んでいる花を思い浮かべる人も多いと思います。

花などはやはりお店や事務所などをぱっと明るくする効果がありますし、そんな雰囲気によって働く人のやる気を高める効果なんかもありますよね。

また贈られてきた花が多ければ多いほど、それだけ人の目を引くことにもなりますし、開店祝いとしてはやはり花は非常に最適な贈り物でもあるわけです。

そんな花を贈る場合、どんな花を贈れば良いのか迷ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。

開店祝いのお花というと、昔から胡蝶蘭などがよく選ばれていますが、これは胡蝶蘭の花言葉である幸せを運んでくるというものが縁起が良いとされているからですね。

胡蝶蘭の他にも様々な花をアレンジして贈っている方も多いですし、またもしスペースがあるのであれば花輪なども良いかもしれませんね。

こうして花を贈り物として贈る場合、そのお店に合った雰囲気なども選ぶときには考慮に入れておくと良いと思います。

レストランなどで、ちょっと大人な感じがするお店の場合にはちょっとシックで艶やかな色のもの。
事務所などの場合はオレンジ色など、暖色系の色が合いますし、これはその人のセンスにもよってくると思いますが、花やの店員さんと色々と相談してみると良いと思います。

また花などはある程度スペースをとってしまうものですので、事前に贈っても良いかどうかを相手に聞いておくと、相手にとっても喜ばれる可能性は高まると思いますよ。



サブコンテンツ

このページの先頭へ

>