お祝いメッセージの文例

お祝いの言葉などは自分の言葉で書くのがやはりもらう側からしても一番嬉しいですし、一番心がこもるとも言えるでしょう。

しかし普段お祝いの言葉なども言い慣れていないと、実際に書くときに一体何を書いたらよいのか、と悩んでしまう方も決して少なくないと思います。

筆不精などという言葉はよく聞く言葉ですが、たった少しのメッセージでさえも人によっては難しものです。

そこでいくつか、開店祝いで使えるお祝いの言葉の文例のようなものをいくつかご紹介しますので、文章を考えるのがちょっと苦手だという方はこちらを参考にしてみてください。

もちろんこれらの文例をそのまま使用するのもありなのですが、できればこれらの文例を元に自分なりの気持ちなども書き加えてみるようにしてみてくださいね。

【開店祝いの文例】

  • この度はご開店おめでとうございます。お店のご繁昌とご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 開店おめでとうございます。念願成就、喜びもひとしおのことと思います。今後のご繁栄とご健勝を心よりお祈り申し上げます。
  • 念願のご開店、誠ににおめでとうございます。今後のご健闘を祈り、まずは心からの祝福を贈ります。
  • この度の開店にあたり心よりお慶びを申し上げます。千客万来、商売繁盛を心から祈念いたします。
  • 開店おめでとう!○○君の今までの苦労を知る私としても、この喜びは言い尽くせません。これからも健康だけには留意して頑張っていってね。ご繁栄とご健勝をお祈りいしています。
  • 開店おめでとう!これからは○○君のお店に足を運ぶという楽しみが私にも増えました。色々と苦労もあるかもしれないけど、いつでも手助けが必要な場合には一声かけてね!


サブコンテンツ

このページの先頭へ

>