新築祝いの電報を送る

最近ではお祝いの手紙などはメールなどで行う場合もありますので、改めて手紙もしくは電報など送る機会も少ないかもしれません。

しかし実際に受け取る側に回ってみると確かに電報などはちょっと古い感じがしてしまうものかもしれませんが、もらうと結構嬉しいものです。

特に電報などは一文字ごとにいくらと課金されることになりますので、その分言葉に重みを与えると言った意味でも重宝されることが多くなっています。

新築祝いなどは人生に一度あるかないかという大事なイベントですので、電報を送ることによってあなたのお祝いの気持ちを示すというのも良い手段となるのではないでしょうか。

【新築祝いの祝電の文例】

・ご新居、いよいよご落成とのこと、おめでとうございます。落ち着かれましたころに、ご新居拝見に伺いたく存じます。

・ご新居落成を祝し、〇〇さんのますますのご発展とご健勝をお祈りいたします。

・この度はご新居のご落成、心よりお祝い申しあげます。〇〇さんのご繁栄を祈念いたします。

なお新築祝いには「火」を連想させる言葉や「傾く」「つぶれる」などの言葉は縁起が悪いとされますので、使うことはないとは思いますが、しっかりと注意だけはしておきましょう。



このページの先頭へ