新築祝いに添える挨拶文の例文

新築祝いを郵送などで贈る際、品物だけですとどうしてもそっけないものとなりますので、できるだけ挨拶文のようなものを添えておいた方が良いでしょう。

しかし普段新築祝いの挨拶などは頻繁に書くものでもありませんので、実際にどのように書けば良いのかというのは中々分からないものだと思います。

一応こういった形式ばったものにはある程度の雛形というのもありますので、これらを参考にして書くのも良いでしょうし、仲の良い友人や家族であれば砕けた感じの文章でも良いでしょう。

新築を建てたり購入したりするということはその人にとって一世一代のイベントでもありますので、その際にはできるだけ心を込めて挨拶文なども書くようにしてあげてくださいね。

新築祝い挨拶文の文例

先ほど新築祝いの挨拶文には雛形のようなものがあると言いましたが、こちらでその挨拶文の例文をご紹介しておきます。

この文例をそのまま使用しても良いとは思いますが、できるだけこの文例は参考とし、できるだけ自分の言葉で書く方が喜ばれるはずです。

【新築祝い挨拶文の文例】

拝啓

立夏の候、ΟΟ様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度は御新居の御落成との由、誠におめでとうございます。

緑豊かな土地に住まわれる事になり、御家族の皆様は心安らかな日々をお過ごしになる物と存じます。
また通勤時間も少し短くなられたとは、誠に羨ましい限りでございます。

お誘いのお言葉に甘えまして、今年の連休には家族共々是非御宅へ足を伸ばしたいと思っております。
〇〇様とご家族の益々のご多幸の程お祈り申し上げます。

敬具



このページの先頭へ